生涯に渡り教育を受ける機会を設け、人々が全ての人生ステージにおいて成長を行えるよう促す「生涯教育」の考えが、日本でも広まっています。以前は子供のためのものと考えられていたこの「学び」ですが、人生を通じて行う必要性が認められるようになりました。

そこには、「国民の平均寿命の増加」そして「科学技術の発展」が要因として考えられます。およそ70年前は50歳だった平均寿命は、現在80歳を超えるなど、長寿社会が実現しました。
また同時に、科学技術は目覚ましい勢いで発展を遂げています。例えば1990年代に普及を始めた折りたたむことも出来なかった携帯電話は、現在はパソコンの役割をもこなすことが出来るスマートフォンとして根付いています。

学びを行うことが出来る期間が増加し、人生にゆとりが生まれました。また生きている間に生じる社会変動が著しく、それに対応する必要性が生じています。これらの理由により、人生のあらゆるステージにおいて、学び続けることが必要となったのです。

またこの学びを支援するために、様々な取り組みが行われています。社会人のための大学の創設や、カルチャースクールの増加もその一つです。
生涯に渡り学び続け成長を続けることが、より良く生きるための活動として活用されています。

Comments are closed.